今年も沖縄県カヤックガイド協会の安全講習会のひがきました。
今回は座学に重点を置いた講習になるよで、いつもと違う内容に期待しながら参加してきました。

最初の座学は気象。
宮古島から現役ガイドで気象予報士の方を招いての講習

基本的な天気図のことからもう一度再確認しながら講習

2つ目の座学は現役の救急救命センターの医師によるお話。
ご自身もシーカヤックやサバニレース、登山などアウトドアをされている方で、ツアーで起こり得る病気やケガ、またそれの前兆と対処法を講義していただきました。

そして午後からは海に出ての実技講習

まずはカヤックの基本の操作を一通りおさらい。

そのあとはレスキュー訓練、ゲスト1ガイド1でタンデム艇で沈したという想定。

色々な方法を実際に試しながらゲストをカヤックに再乗艇させる。レスキュー

もうすぐゴールデンウイークが始まりいよいよシーズンインも間近、今年も事故なく終われるよう努力です。